会社の成績について

Dow Jones Industrial 30種銘柄の成績表を表示しています。財務評価で別途詳しい説明をしていますが、数ある分析指数・評価手法から独断で、株価収益率、純資産倍率、DuPont Systemの評価法を選びました。理由は、これらは株価の評価に有効であると思われるからです。ここでの情報は、過去の数字に基いた結果であり、会社の過去の成績を表しているだけに過ぎません。株価に影響を及ぼす要因はたくさんあります。あくまでも参考として紹介しています。

表中は左の列から、会社名、株式市場コード、決算日、株価収益率、純資産倍率、DuPont Systemの三要素です。

P/E:PE Ratio (Price Earnings Ratio)の略で、株価(Price)を1株当りの利益(Earnings)で割って算出する。この逆数をパーセンテージで表すと投資利回りになる。P/Eが10であれば利回り10%、50であれば2%である。

P/B:PB Ratio (Price Book-value Ratio)の略で、株価(Price)を1株当りの純資産(Book Value)で割って算出する。P/Bが1であれば投資金額(株価)と純資産額(解散価値)は同額、5であれば純資産額を得るために5倍投資している事になる。

DuPont SystemはROE(Return on Equity)、株主資本利益率を出発点として会社経営をNet Income、Asset Turnover、 Equity Multiplierの3要素を用いて評価する手法で、その意味は順に、収益性、資源の活用度、資金調達有効度である。

ROEが10%以上は優秀な企業といえる。

過去の成績はこちらにあります。
DOW 30 COMPONENTS FY 2004 - 2010
DOW 30 COMPONENTS FY 2003
DOW 30 COMPONENTS FY 2002
DOW 30 COMPONENTS FY 2001


Copyright (c) 2004 - 2014 Nagahisa Accounting Service