なぜ長久会計事務所か?

  1. 会計事務所では主に監査を経験、大学院時代からの専門である経営分析に主眼をおいてのサービスで顧客から信頼を得る。
  2. 会社経理・財務、総務に移ってからは、業務をビジネス・オーナーの立場として運営してきた事から、会社の利益貢献へのノウハウの蓄積がある。
  3. 上記両者の経験から経理・財務を内外から見通せて、バランスの取れた的確なアドバイスを提供する事ができる。
  4. Y2K対策を含め数々のITプロジェクトを経験してきた事、Windows環境ではLANの構築ができる事、VBAアプリケーションには詳しい事など、PCの設定、トラブルシュート、日々の経理作業において役立つ知識を持ち合わせている。
  5. その他、法人税・所得税を含め数々の税務申告書を手がけ、総務においては、各種のインフラを含めた事務所の設定、各種保険、401kなど、小規模な会社のバック・オフィスで必要な知識はワンストップで収集できる。

長久聖 (KIYOSHI NAGAHISA, CPA) - 略歴 -

日本大学理工学部を卒業後、予備校にて数学を指導する。
Advance Studyのため渡米、New Haven大学で会計学修士号 を取得する。デロイト・トウシュ会計事務所では6年間、監査業務に 従事、 その後米国高島屋、キャンベルスープ、三菱ケーブルで約10年間、 経理・財務、総務に携わる。
その間、CPA試験受験講座にて日本人を指導する。

当事務所は、皆様のお役に立てる機会を幸運と思って、サービスを提供致しております。
Link to PPC

New Jersey州/Massachusetts州のCPAライセンス及び会計事務所登録証書

Copyright (c) 2004 - 2015 Nagahisa Accounting Service